お仕事お探しの方へJOB SEARCH

よくある質問

Q1派遣スタッフとして心得ておくことは?
  1. 派遣システムの正しい理解をしておく

    派遣就労では、派遣スタッフ・派遣先・西日本トップサービスの三社の関係で成り立つ雇用形態です。

  2. 派遣期間を守る

    西日本トップサービスは、あなたの希望条件を十分に考慮して、お仕事をご紹介しますが、派遣スタッフの皆さんも自分の希望に合っているかをよく考えた上でお引き受けください。また、一度引き受けたお仕事はその期間を厳守してください。

  3. 時間を守る

    契約で決められた時間を守ってください。特に始業時間は、ある程度余裕をもって派遣先企業に出社するようにしてください。

  4. 企業秘密を守る

    派遣スタッフは、時に派遣先企業の秘密に関わる業務に就くことがありますが業務上、知りえたことは絶対に口外してはいけません。

  5. 派遣先との協調性を保つ

    どんな職場にも社内慣行や取り決めがあります。
    これらを尊重し、派遣先の雰囲気に溶け込むよう努めましょう。

  6. 服装・言葉遣いに気を配る

    TPOを考えて、その職場の雰囲気に相応しい装いを心掛けましょう。
    また、挨拶は欠かさず、言葉遣いも感じよくするよう努めてください。

  7. 機器・備品は丁寧に扱う

    派遣先企業で使用する機器や備品等は、無駄使いを避け大切に取り扱いましょう。

  8. 安全衛生に気を配る

    西日本トップサービスは、安心して派遣先で働いていただけるよう安全衛生については常に派遣先の状況を把握して、場合によっては派遣先にもご協力をいただいています。また、就労中は通勤途中を含めて事故のないよう十分にご注意ください。

  9. 就業規則について

    派遣スタッフの皆さんの採用、勤務条件、服装規律、給与、福利厚生退職などに関する就業規則は、西日本トップサービスにて完備しています。

Q2契約期間中に仕事を続けられなくなったのですが。

派遣スタッフと西日本トップサービスは期間を定めて雇用契約を締結していますので、その期間はその契約を誠実に履行する義務を負っています。

本来はその期間の勤務を継続する努力を最大限する必要があります。しかしながら、止むを得ない事情が生じた場合または生じそうな場合は、速やかに西日本トップサービスにその旨を連絡し相談し指示に従ってください。
(最初に相談するのは派遣会社というのが原則です。)

Q3契約の内容と異なる業務や残業を頼まれたのですが。

派遣先企業での人間関係を円滑にするために契約以外の業務でも協力する気持ちで臨むことは大切なことです。 ただし、命じられた内容が著しく異なる(経理事務なのに秘書業務)場合や内容の相違は小さくてもそれが長期に渡って命じられている場合などは、速やかに西日本トップサービスに相談してください。

次に、残業の場合ですが、派遣スタッフが命じられた残業に対応できるときは、出来るだけ、協力する姿勢で臨んでください。ただし、「残業が全くない。」ことが就業の条件となっているときや、過重な残業が継続的に命じられたとき等は、西日本トップサービスに相談してください。

Q4派遣就業中にトラブルが発生しました。相談するところはありますか?

まずは西日本トップサービスまでご連絡ください。

ページトップへ